屋根塗装 カラーベスト 縁切りの重要性


本日のブログは、

スレートの屋根塗装工事における注意点

【縁切り】の重要性について解説していきます。

それでは、始めます!

IMG_5310-columns1-overlay
通常のスレート屋根の写真です。

スレート屋根は

一枚一枚のスレートが下から順に上に重なって葺かれています。

重なっているということは一枚と二枚目の間、二枚目と三枚目の間、と隙間が必ず発生してしまいます。

隙間=雨が入る

と一見思うかもしれませんが、

スレートとスレートはしっかりと重なり幅があるため、

そこからの雨水の浸入はめったにありません。

IMG_8170-columns1-overlay
こちらは、件の【縁切り】がされていない屋根です。

スレートの重なり部分が、補修による上からの塗装でふさがってしまっています。

一見隙間がなくなっているので、雨漏りに強い、と思ってしまうかもしれません。

しかし、これは実は屋根にとって良くないことなのです。

それでは、なぜよくないことなのか、を解説いたします。
IMG_4922-1-columns1-overlay
屋根の頂点に位置する棟板金の写真です。

棟板金は下から順に葺かれた屋根に最後に頂点で蓋をする役割があります。

この棟板金ですが、経年の雨、風に耐えていくうちに、
IMG_5464_Ink_LI-columns1-overlay
棟を固定している釘が浮いてしまいます。

浮いてしまうということは、大きな隙間が棟板金と屋根の間にできやすくなるということです。

最悪の場合、台風などで外れてしまう場合もあります。

もしその隙間から雨水が侵入した場合、

スレート材と屋根の下地の間に雨水が回り込んでしまうわけです。
IMG_8100-1-columns1-overlay
また、こういったスレートの割れから水が入り込み、

同じようにスレートと屋根の下地の間に入り込んでしますことがあります。

このように、水がスレートの下に入ってしまう事は、

どうしても0%にはなりません。
IMG_4978-1_Ink_LI-columns1-overlay
水は、低い方向へ自然と流れていきます。

そして、低い方向にはスレートとスレートの隙間があるわけです。

実は、

もし万が一、スレートの下に雨が入り込んでしまっても、

その隙間から、雨が逃げれる設計に屋根はなっているのです!



IMG_9067-1-columns1-overlay
すなわち縁切りとは、

その屋根塗装によってふさがってしまった隙間を、

もう一度作ってあげるというとても大切な工程なのです。

もし隙間が埋まったままだと、水は外に逃げられなくなり、

仕方なく屋内に入り込んでいってしまいます。

また、通気も悪くなるため湿気がたまりやすくなります。

常に水分に触れてしまう屋根の下地などは、どんどん傷んでしまいます。

とても手間がかかる作業ですが、

とても大事な作業です。

縁切りについてご理解いただけたでしょうか。

本日のブログは、

【縁切りについて】でした!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市北区 屋根塗装・外壁塗装を行ったお住まいの施工事例です。

Ⅿ様邸ビフォー
Ⅿ様邸
工事内容
棟板金交換
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
その他の工事
使用素材
屋根ファインシリコンベスト、外壁パーフェクトトップ、防水サラセーヌ、板金ガルバリウム鋼板
築年数
約40年
建坪
約40㎡
保証
最大5年
工事費用
約220万
施工事例

神戸市北区 屋根塗装、外壁塗装工事をご紹介いたします。

屋根塗装前
屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根ファインシリコンベスト、外壁パーフェクトトップ※下塗りアンダーサーフDS
築年数
約30年
建坪
約35坪
保証
5年
工事費用
約200万
施工事例

神戸市長田区|塗装職人による屋根塗装工事の作品をご覧下さい。

屋根塗装工事 施工前
屋根塗装工事 施工後
工事内容
屋根塗装
使用素材
ファインシリコンベスト(塗料)、ガルバニウム鋼板(棟板金)
築年数
30年
建坪
20坪
保証
屋根塗装工事5年、棟板金交換工事1年間
工事費用
39万円

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市東灘区 屋根重ね葺き『立平』での改修工事。

ギャンブレル屋根
立平改修後
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
板金:JFE鋼板株式会社極みmax 立平333(津熊鋼建株式会社)
築年数
30年
建坪
約20坪
保証
7年
工事費用
約90万
施工事例

神戸市東灘区 水の回った庇屋根を修繕した施工事例をご紹介いたします。

庇板金現状
庇板金のカバー工事
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
使用素材
庇板金:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 破風板・鼻隠し:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 軒天:ケイカル板 軒天塗装:ケンエース『日本ペイント』
築年数
約30年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
約40万
施工事例

東灘区 ベランダテラスのパネル張替をご紹介いたします。

ベランダテラスビフォー
ベランダポリカ張替アフター
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカパネル
築年数
約15年
建坪
約25坪
保証
1年
工事費用
約10万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市兵庫区 板金屋根

神戸市兵庫区 倉庫の屋根塗装を考えられているお客様宅へ現状の調査に伺いました。こちらは板金製の屋根『瓦棒』という屋根です。2種類のコの字の板金を組み合わせた、雨漏りにとても強い屋根材です。

カラーベスト屋根の様子。塗膜が剥がれ、苔が繁殖しております。

灘区 塗装の工程開始。まずは屋根を綺麗に洗浄するところから始まります。屋根の素材はカラーベスト、薄型化粧スレート、コロニアルなどと呼ばれる材料です!メンテナンスとして新築時から10年から15年で塗装を行うとよい屋根材です。こちらのお住まいは...........

屋根塗料ファインシリコンベスト

神戸市北区 屋根塗装の様子。屋根の上塗り2回目の様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。こんばんは街の屋根やさんの松本和也です。本日は神戸市北区でのお住まいの改修工事の様子をお届けいたします。屋根の塗装は、高圧洗浄から始まり屋根板金のケ...........