西宮市|瓦屋根・劣化し剥がれた漆喰を詰め直します


神戸市西宮瓦屋根和風建築現場全貌
西宮の二階建て和風建築の建物の瓦屋根の補修工事です。
瓦の割れなどではなく、大棟の熨斗瓦の下の漆喰を新たに詰める作業です。

剥がれた漆喰の詰め直し作業

シマダ物産屋根の漆喰材
屋根用漆喰をバケツで撹拌している
今回瓦屋根に詰める新たな漆喰は、シマダ物産様の「屋根しっくい」を使用させていただきました。
こちらをバケツに適量いれて機械で撹拌します。
のし瓦下の漆喰や土が劣化により無くなって穴が空いている状態
のし瓦の下には土が詰まっており、その上に漆喰を詰めていきます。漆喰は経年により劣化しやすいので定期的に詰め直しなどが必要になってきます。
屋根のし瓦漆喰が剥がれ下の土が丸見えの状態
まずはこんな風に土がしっかりと詰まってあることが大事です。
この上に新たな漆喰を詰めていきます。
屋根のし瓦下の漆喰詰め直し作業
土がきちんと補修されたら、次は先ほど撹拌した「屋根しっくい」を詰めなおしていきます。

この作業は屋根職人の腕の見せ所。

画像でご覧になって伝わるでしょうか?
のし瓦と面をぴったりと合わさずに、数cmほど奥に詰めているのです。そうすることで雨水が効率よく下に流れるという仕組みになっているのです。

この詰め方が正解なんですね。
のし瓦下漆喰詰め直し作業完了
ご覧ください。真っ白な漆喰がまぶしいですね!

このように熨斗瓦と漆喰の面がぴっしり合っていないのが正しい詰め方です。漆喰の方が数cm奥におさまっています。

漆喰は汚れが付きにくいという特性があります。防カビ性も高いため外観を美しく保つことができます。

また耐火性も高いため、屋根の瓦とともに防火対策にも適している素材と言えます。
瓦屋根漆喰詰め直し
鬼瓦と瓦屋根漆喰詰め直し
新しく詰め直した漆喰は大変綺麗ですね。

漆喰は汚れが付きにくいほか、防汚性能も高くカビやダニにも強い素材です。
今回は真っ白な漆喰を使用いたしましたが、特殊なものですが黒い漆喰もあります。白い漆喰もまぶしくキレイですが、黒い漆喰というのも渋い仕上がりになりそうですね。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市東灘区 水の回った庇屋根を修繕した施工事例をご紹介いたします。

庇板金現状
庇板金のカバー工事
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
使用素材
庇板金:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 破風板・鼻隠し:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 軒天:ケイカル板 軒天塗装:ケンエース『日本ペイント』
築年数
約30年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
約40万
施工事例

長田区 屋根葺き替え工事『立平葺き』の施工事例をご紹介いたします。

長田区葺き替え現場屋根before
立平葺き
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板)
築年数
40年
建坪
20坪
保証
7年
工事費用
約100万
施工事例

神戸市須磨区 飛散した棟板金を新しい棟板金を使い修繕しました。

棟板金の飛散
棟板金の復旧
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟包み板金(ガルバリウム鋼板)・下地貫板
築年数
約30年
建坪
25坪
保証
工事費用
約30万

同じ地域の施工事例

施工事例

西宮市 棟板金交換工事の施工事例をご紹介いたします。

IMG_0071-1
IMG_0495
工事内容
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバリウム鋼板) 棟下地貫板
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
1年間
工事費用
約10万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

伊丹市 庇現状

伊丹市 庇屋根葺き替え工事を行いました様子を本日の現場ブログではご紹介いたします!瓦屋根と板金屋根が合流している屋根で、2業種の工事が必要となります。板金屋根を作り直す板金の職人、瓦を葺き直す瓦の職人の仕事となります。まずは撤去作業から始め...........

神戸市北区屋根補修工事 急勾配の為部分的に屋根足場を架設します。

神戸市北区 屋根補修工事を行いました様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。先日足場を架設しました、神戸市北区の屋根補修の様子です。屋根頂点部の屋根材が捲れている状態で、急勾配の為足場の架設が必要でした。部分的に屋根足場を組み、屋根での...........

神戸市北区 コロニアル差替え 足場架設

神戸市北区 カラーベストコロニアルの差替えを行いました。こんばんは。街の屋根やさんの松本です。本日は神戸市北区でのカラーベストコロニアルの屋根材を差し替える工事を現場ブログでご紹介させていただきます。屋根材一枚が脱落している状態で、屋根の勾...........